ウォーターサーバーを導入する理由とは?

バナー

ウォーターサーバーを導入する理由とは?

水道水は塩素を含める事で殺菌消毒が出来ます。
ウォーターサーバーの水はボトルの中に詰める時には衛生管理が行き届いているので、安全性の高い水として利用が出来ます。

そのため、ウォーターサーバーの水は殺菌消毒が行われていないため、開封後はなるべく早めに利用しなければなりませんし、冷凍庫の製氷皿などに入れて凍らせた場合、雑菌が混ざる可能性もあるので注意が必要です。



水道水は消毒が行われているので製氷皿で凍らせても安心ですが、ウォーターサーバーの水は消毒そのものがないので氷を作るのは控えた方が良いでしょう。

塩素を水に溶かすとカルキ臭さが生じる事になります。この臭いが水をまずくしていると考える人も多いのですが、塩素を含ませると発がん性物質の一つでもあるトリハロメタンが発生すると言います。

極わずかな量であり、そのまま飲料水として飲んでも健康被害を受ける事はないわけですが、トリハロメタンはお湯を沸騰させた場合3倍以上の量になるとも言われています。



そのままでは健康被害も少ない、しかし沸騰させると3倍の量になると分かれば不安に感じる人は多いのではないでしょうか。



3倍もの量に増えたトリハロメタンは、15分前後沸騰し続けると消滅すると言われているため、水道水を沸騰させる時には15分前後続ける事で安心に繋がります。

しかしながら、ガスを15分間使う事を考えた場合、ガス代の無駄にもなるのでウォーターサーバーを導入した方が良いと考える人もいます。

Copyright (C) 2016 ウォーターサーバーを導入する理由とは? All Rights Reserved.