ウォーターサーバーの仕組みをご紹介

バナー

ウォーターサーバーの仕組みをご紹介

いつでも冷水と温水を給水出来る装置として注目を集めているウォーターサーバーですが、冷水と温水は電気を使う事で作り出されています。

ウォーターサーバーを家庭に導入する時には、電源の確保が必要になりますが、コンセントが遠い場合にはテーブルタップを使って延長してあげれば電源を供給する事が出来ます。

所で、ウォーターサーバーは本体装置とボトルに詰められている宅配水を使うもので、宅配水自体は常温になっています。


この宅配水を本体内部の機能を使って冷やす、温める時に電気を使うわけですが、給水口から冷水もしくは温水を注ぐとどうなるのかなど疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。

ボトルに入っている水は、装着すると一旦本体のタンク内部に流れて蓄えられます。


但し、本体のタンクには冷水用と温水用の2つがあり、冷却機能や加熱機能により温度調整が行われているのです。

ウォーターサーバーの情報が沢山詰まったサイトです。

タンク容量はウォーターサーバーの種類などにより異なりますが、家族が多い場合には利用頻度も多くなるので大きめのサーバー本体を使い、一人暮らしなどの場合は小型のサーバー本体がそれぞれ用意してあります。



タンク内には限られた容量の水しか蓄える事が出来ないので、給水量が多い時などは冷水が温くなる、温水の温度が低くなる事もあります。


尚、最近のウォーターサーバーは温度調整機能が付いている製品が多くなっているため、もう少し熱いお湯が欲しい場合など、温度を上げておけばお茶やコーヒーに最適なお湯を注ぐ事が出来ます。

独自性の高いウォーターサーバーに関してわかりやすく説明しております。

Copyright (C) 2016 ウォーターサーバーの仕組みをご紹介 All Rights Reserved.